ブログ

  • 2018/09/13

    パルマ、生物多様性の原料の市場の

    In Borgo Giacomo Tommasini 7, c’è il Rural Market, un piccolo mercato con annesso laboratorio, dove gustare tutto l’anno le materie prime e i prodotti della biodiversità agricola toscana, emiliana e da quest’anno anche ligure. Al Rural Market si riscoprono i buoni sapori di una volta: il pane di grani antichi, i formaggi monorazza biologici da latte crudo intero di vacche Bardigiana, Grigia dell’Appennino, Ottonese e Bianca Val Padana, il latte fresco di asina, il pecorino Massese, le uova di gallina Romagnola, le carni, i salumi di Cinta Senese e quelli di maiale nero allevato all’aperto, i testaroli… 続きを読む

  • 10/09/2018

    農村部の家族のお祭り

    E’ sceso il sipario anche sulla quinta edizione del Rural Festival che si è svolto nel weekend dell’8 e 9 settembre all’Agricola Rosa dell’Angelo di Rivalta di Lesignano de’ Bagni, a Parma. Luogo della manifestazione il meraviglioso parco Rural di biodiversità agricola sulla prima collina parmense fatta di verde, boschi di querce, calanchi e vulcanelli di fango recentemente eletto a riserva Mab Unesco. Due giorni dedicati alla riscoperta e alla valorizzazione di rare varietà vegetali e antiche razze animali di Emilia Romagna, Toscana e quest’anno anche della Liguria: un mondo agricolo non troppo lontano fatto di tradizioni e sapori da… 続きを読む

  • 09/09/2018

    農村の祭の日曜日のプログラム

    A Rivalta di Lesignano de' Bagni presso l'Agricola Rosa dell'Angelo si aprono le porte per la seconda e ultima giornata del Rural Festival. Ecco il programma con tutti gli incontri della giornata:
    Ore 11: frutti antichi presentati dall’esperto Enzo Melegari (area 3)
    Ore 11.30: spettacolo con i cavalli Bardigiani (area 5)
    Ore 12: l’agronomo ed esperto di biodiversità vegetale Mauro Carboni ci parlerà di 80 varietà diverse di uva (area 3)
    Ore 13: appuntamento con Liviana Orlandini e curiosità sui bachi da seta (area 7)
    Ore 14: il veterinario ed esperto di biodiversità animale Alessio Zanon… 続きを読む

  • 08/09/2018

    L'importanza dell'ape Ligustica per la biodiversità

    L'azienda agricola Api Libere sta organizzando un progetto che si chiama "Adottare una Ligustica" che vorremmo esporre a tutti i Rurals. Un progetto ecologico didattico nato per custodire e preservare l'ape italiana (apis mellifera ligustica) con l'obiettivo di arrivare a più persone possibili per condividere il prezioso ruolo delle api per l'ambiente, la biodiversita' e la nostra alimentazione.
    Quindi “perchè adottare una Ligustica?" Per sostenere l'ape italiana e i frutti del suo lavoro. Frutti perché dal servizio di impollinazione delle api dipende il 70% del cibo che consumiamo tutti giorni, almeno 3 volte al giorno, e non solo! Dando… 続きを読む

  • 07/09/2018

    農業生物多様性のお祭りを取得する方法

    Mancano pochi giorni all'edizione 2018 del Rural Festival. Ormai è tutto pronto per accogliere grandi e piccini: i banchi che ospiteranno gli oltre quaranta artigiani dell’Appennino Tosco-Emiliano e i loro prodotti sono stati posizionati, i trattori d’epoca sono schierati e scalpitano in attesa della messa in moto che libererà i loro ruggiti, l’area protetta con alberi e arbusti autoctoni, con le cultivar di vigne rare, gli olivi, i frutti antichi e le piante di canapa è più che mai ricca e in ordine e gli animali domestici di antiche razze sono nello spazio ad essi dedicato. Gli ingredienti per trascorrere… 続きを読む

  • 02018/05/09

    それは農村の祭りなし 10 月ではない!

    Quasi tutto è pronto per il Rural Festival, l’appuntamento dedicato alla biodiversità agricola di agricoltori e allevatori custodi dell’Emilia Romagna, della Toscana e da quest'anno anche Liguria. Gli stand che ospiteranno gli agricoltori e gli allevatori sono stati montati e aspettano solo i loro protagonisti! Negli stand gastronomici degli agricoltori si potranno assaggiare il prosciutto di maiale Nero, arrosticini di pecora Cornigliese, carne fresca di Cinta Senese, arrosto di tacchino nero, pane di grano del Miracolo e Marocca di Casola, polenta Formenton Otto File della Garfagnana, testaroli della Lunigiana con farro, gnocchi di patata Cetica, polpa di pomodoro Riccio di… 続きを読む

  • 02018/05/09

    是非、公園農村農業生物多様性の発見

    Il Parco Rural di Biodiversità Agricola a Lesignano de’ Bagni Parma è un’occasione unica per vivere appieno l’esperienza “Rural” dal vivo, incontrando e imparando a conoscere da vicino: la biodiversità, i protagonisti e i luoghi di un universo tutto da scoprire. Nasce per tutelare piante e animali un tempo presenti sul nostro territorio. Un’area questa, insieme a quella di tutto l’Appennino Tosco-Emiliano, che ha recentemente ottenuto la certificazione a riserva di Biosfera Unesco (MAB, Man and Biosphere) e che ospita varietà vegetali e antiche razze animali a rischio di estinzione. Il parco Rural custodisce alberi e arbusti come il carpino… 続きを読む

  • 04/09/2018

    E' TEMPO DI VENDEMMIA

    Mentre fervono i preparativi per il Rural Festival, la natura segue incessante il suo corso. E’ tempo di vendemmia e tra i filari delle 31 varietà di viti del parco Rural si raccolgono i grappoli pronti per la pigiatura. Tra questi spicca l'uva Termarina, un antico vitigno presente nel parmense già nel Settecento e Ottocento del secolo scorso insieme all’altra varietà bianca. La sua dolcezza la rende adatta come uva da tavola e anche per la produzione di marmellate. La caratteristica di quest'uva è di avere un solo seme per ogni grappolo. Grazie ad alcuni agricoltori custodi questo vitigno è… 続きを読む

  • 01/09/2018

    農村の祭で少なくとも 5 日!

    Scaldiamo i motori! Tante novità per la quinta edizione del Rural Festival! Un’occasione imperdibile per grandi e piccini, che avranno modo di vedere con i propri occhi, di sentire con le proprie orecchie e di toccare con le proprie mani ciò che può definirsi “biodiversità agricola”. Ma questo evento non si risolverà solo in un’esposizione di animali e vegetali antichi. Infatti darà la possibilità di immergersi attivamente nella vita dei campi, dando modo ai grandi di tornare bambini e dando la possibilità ai più piccoli di sentirsi grandi. Infatti al Festival i motori ci saranno per davvero. Si tratta di diversi… 続きを読む

  • 2018/08/30

    RURALS へようこそ!

    Tutto è in fermento a Rivalta per l’arrivo, l'8 e 9 settembre, della quinta edizione del Rural Festival, l’appuntamento dedicato alla biodiversità agricola di agricoltori e allevatori custodi dell’Emilia Romagna, della Toscana e della Liguria. Passo dopo passo, ecco che si stanno montando i banchi che ospiteranno gli agricoltori e gli allevatori Rural e con essi tutti i loro preziosi prodotti. Una quarantina gli espositori e fra essi ci sono alcuni importanti esordienti, ovviamente decisi e impegnati a tutelare antiche varietà vegetali e antiche razze animali autoctone nello spirito Rural: アミット マリク con le anatre e le oche Romagnole;… 続きを読む

  • 2018/08/29

    農村ギャラリー日曜日

    ラッダ キャンティ (SI) 先週は農村ギャラリー、タウン センターの回復し、糸杉の会社によって提供される元機屋内農村部の農民の市場をオープンしました。壁パネルのメーカー、トスカーナ、エミリアと提案されるリグーリア州の農業生物多様性の製品にアンティークのトラクターのフレームのいくつかの標本を展示します。またトスカーナには小さな農村市場、9 月と 10 月の毎週日曜日オープンされます。
    9 月と 10 月にオープン日曜日

    Rural Gallery, Viale Venti Settembre,… 続きを読む

  • 2018/08/22

    Il Rural Festival è in arrivo!

    Sabato 8 e domenica 9 settembre 2018 a Rivalta di Lesignano De' Bagni (Parma) torna per la quinta edizione l’appuntamento che raduna annualmente uno accanto all’altro una quarantina di agricoltori e allevatori di Emilia Romagna, Toscana e quest’anno anche Liguria, che con grande fatica e altrettanta passione, ogni giorno lavorano per tutelare e salvaguardare antiche varietà vegetali e antiche razze animali: un invito alla scoperta e all'assaggio di prodotti unici e da riscoprire. Rivalta, nel cuore della Food Valley e allo stesso tempo in un territorio collinare fatto di verde, boschi di querce, calanchi e vulcanelli di fango recentemente eletto a… 続きを読む

  • 05/08/2018

    Una festa dedicata all'antico Riccio di Parma

    Domenica 12 agosto Traversetolo è stato protagonista di un’intera giornata dedicata all’antico pomodoro Riccio di Parma e alla sua storia. Così con la terza edizione della festa, il centro del paese si è nuovamente tinto di rosso. Dal mattino alla sera in piazza Fanfulla si è potuta ammirare una mostra-mercato con oltre duecento varietà di pomodoro non solo locali ma di diverse parti del mondo, provenienti dal campo-collezione della Centrale della Frutta di Bannone di Traversetolo: forme diverse e colori differenti, dal rosso al giallo, dal verde al nero, passando per il rosa e lo striato. E tra questi anche il… 続きを読む

  • 02/08/2018

    あなたのカレンダーにそれを置く: 農村の祭

    Ogni anno, a settembre, il Rural Festival vi dà appuntamento a Rivalta (Lesignano Bagni). Sabato 8 e domenica 9 settembre, sono le date di un intero weekend che si trasforma in un’occasione imperdibile per grandi e piccini, che hanno in quei due giorni modo di vedere con i propri occhi, di sentire con le proprie orecchie e di toccare con le proprie mani ciò che può definirsi “biodiversità agricola”. Il Rural Festival è l’evento che raduna uno accanto all’altro gli agricoltori e allevatori custodi dell'Emilia, Toscana e da quest'anno anche Ligura che, con grande fatica e altrettanta passione, ogni giorno… 続きを読む

  • 24/07/2018

    Riccio e i suoi fratelli sono arrivati!

    Il rosso è il colore dell’estate, protagonista anche sulle tavole. E in questo periodo, nei campi della Pedemontana parmense, i coltivatori dell’antico pomodoro Riccio di Parma sono alle prese con il raccolto che arriverà al Rural Market. E’ tondeggiante, appena appiattito ai poli e con scanalature, dalla buccia rosso scarlatto e tenera con polpa carnosa, dolce e delicata, dal sapore unico. “Si tratta di una varietà selezionata in val Parma tra fine Ottocento e inizio Novecento – racconta l’agronomo Mauro Carboni – che veniva usata principalmente per le conserve. Nel tempo questa qualità è andata in disuso perché non adatta… 続きを読む

  • 22/07/2018

    生物多様性のまれな甘いメロン

    Brutto ma buono, molto profumato e dolce, è il melone Rospo, chiamato così per la buccia molto rugosa, che lo rende simile alla zucca. Polpa arancione vivo, soda, succosa e sapida. Ha scarsa conservabilità, quindi meglio portarne in tavola la giusta quantità di volta in volta. Quindi, per gli amanti dei meloni e delle antiche varietà, non lasciatevi sfuggire l’opportunità di assaggiare questi sapori dimenticati! Conosciuto anche il melone Moscatello, coltivato nella pianura padana da almeno quattrocento anni. Il melone Moscatello è di colore verde, dalla forma tondeggiante e leggermente schiacciato ai poli, e presenta un leggero accenno di “solcatura”. Il nome sembra… 続きを読む

  • 19/07/2018

    Zucchella 月

    C’è un’antica varietà di susina, tipica delle terre emiliane, che matura attorno alla metà di luglio: è la Zucchella. Piccola e soda, di forma allungata e dalla polpa giallo-ambrato, con la buccia viola-rossastra, si conserva a lungo se mantenuta in frigorifero. Quando è ben matura è particolarmente succosa, il suo nome deriva infatti da questa sua caratteristica: “sughella”, sugosa. “Alcuni testi – precisa l’agronomo Mauro Carboni – dicono sia originaria dell’Est Europa e che sia arrivata qui da noi nei primi decenni dell’Ottocento durante il ducato di Maria Luigia d’Austria. In realtà è probabile che la sua coltivazione fosse antecedente… 続きを読む

  • 2018/12/07

    7 月のコレクション

    Nell’area protetta di Rivalta, a Lesignano de' Bagni, il caldo sole di questi giorni ha portato a maturazione i “fioroni”, i frutti dell’antica varietà di fico Dottato, dolce dono di inizio estate. Di colore verde con polpa rossa chiara e dal sapore mieloso, è utilizzato anche per la produzione di fichi secchi. A fine estate si avrà un secondo e più ricco raccolto, quello dei cosiddetti “forniti”, sia del Dottato che dell’altra varietà antica presente a Rivalta: il Brogiotto nero. “Il Brogiotto nero sembra venisse coltivato già in epoca romana – precisa Mauro Carboni, agronomo ed esperto di biodiversità agricola… 続きを読む

  • 25/06/2018

    Mancano pochi giorni alla "Rivalta Bike"

    Domenica 8 luglio alle ore 9.30 alla Fattoria Rosa dell’Angelo di Rivalta di Lesignano de’ Bagni partiremo per una mezza giornata in bici dove, con la guida esperta Roberto Mattioli, andremo alla scoperta della biodiversità. Siamo al centro della Food Valley, in una cornice protetta, tra vulcanelli di fango, calanchi, boschi di querce e un paesaggio variegato che ha recentemente ottenuto, insieme a quella di tutto l'Appennino Tosco-Emiliano, la certificazione a riserva Mab Unesco. L’escursione non competitiva, un percorso di 14 chilometri di media difficoltà, si snoderà attraverso il parco Barboj, antiche piante e vigneti e il Monte Fornello, raggiungendo anche l’ulivo secolare di Mulazzano e… 続きを読む

  • 08/06/2018

    Dici ciliegia ed è subito estate!

    Aspetto invitante, colore rosso, sapore intenso e ricca di vitamine: è la ciliegia, la regina del mese di giugno che ci traghetta verso l’estate. Siamo in piena stagione di raccolta e quindi è ora il momento per farne una golosa scorpacciata. Dopo tutto è proprio vero che una tira l’altra! Forse non tutti sanno che le varietà sono davvero tante. Purtroppo diverse specie, che fanno parte dei racconti dei nostri nonni, sono scomparse e molte altre sono a rischio estinzione. Le ciliegie coltivate attualmente derivano da due specie selvatiche simili: una che produce frutti acidi e un’altra che li produce… 続きを読む

  • 28/05/2018

    Benvenuta biodiversità ligure!

    Con l’arrivo del mese di maggio al Rural Market trionfano due novità di stagione che arrivano dalla vicina Liguria: l’asparago violetto e la zucchina trombetta di Albenga (Savona). Due prodotti della biodiversità agricola ligure, difficilmente reperibili al di fuori della zona di produzione e davvero unici. L’asparago violetto è inconfondibile: di colore viola intenso sfumato verso la base, presenta turioni (i prelibati germogli) medio-grossi con cime ben chiuse. Meno fibroso dei “colleghi”, ha un sapore delicato e tendenzialmente dolce. Il colore dipende dalle sue caratteristiche genetiche: possiede infatti 40 cromosomi anziché 20, come tutti gli altri asparagi, e per queste… 続きを読む

  • 03/05/2018

    牛、よると、アレッシオの古く、希少品種

    In più occasioni, spesso senza dar troppo peso alle loro parole, abbiamo certo sentito dire dai nostri nonni:<<Una volta il latte era corposo e diverso in ogni stagione>>. A ridare vita e credibilità a frasi come queste è chi conosce approfonditamente i bovini, chi addirittura ha avuto modo di studiare e di far esperienza con quelli di razze antiche a rischio di estinzione. Alessio Zanon, esperto di biodiversità animale, il 14 aprile scorso, al Rural Market, ha parlato delle particolarità di quattro razze bovine antiche (Bardigiana, Grigia dell’Appennino, Ottonese e Bianca Val Padana) dal cui latte crudo, unico e prezioso,… 続きを読む

  • 2018/04/20

    私たちの地球の世話をします。

    簡単な言葉では、生物多様性は生活を表す動物および植物種の合計を言うことができます。 それは富、様々 な異なった形態の人生、今まで以上の共存と同義になると、それに画いてある主力としての地球の健康をベースであります。植物や生態系に生息する動物の種の様々 な実際には、刺激するこの負の環境反応の機能によって異なります。実際には、さまざまな生活形態があるプラス生態系が変化として困難を克服できる. 続きを読む

  • 02018/04/04

    牧: 古代伝統ユネスコの世界遺産にノミネート

    移牧、農村部のコミュニティによって維持繁殖の古代の練習は人類の無形文化遺産になる候補 ユネスコ.要求は、イタリア、ギリシャ、オーストリアの鉛パートナー国からパリに正式に発表されました。知っていますが、 農業省、2019 年 11 月にユネスコ政府委員会の意思決定につながる国際評価プロセスを開始したことが正式に通知書類の起草調整。エットレ ・ リオ、Cornigliese 羊の育成管理人が知っている. 続きを読む

  • 2018/03/29

    春は、空気、イースターの味

    春は空気で、日が長くなります。リンゴットフィエラの保護されたエリアは自然の再覚醒を観察するための理想的な場所: 地球からのぞき見最初の野生のハーブ、木および低木の枝が芽とは、今後数ヶ月の歓迎の多くの果物の花で覆われています。生物多様性。家畜の品種の間で新しい生活の回復: 子牛、羊、雛、自然と人間との新たな調和のエンブレム。空の鳥と、毎日出入り光枝新しい巣を求めてくださいします。到着と. 続きを読む

  • 2018/03/16

    アンティークのトラクターのコレクション

    リンゴットフィエラ ・ デ ・ Lesignano の保護領域に ' バーニ、アグリコラ ローザ デランジェロにご滞在エンジンは実際あります。1930 年代と 1950 年代、ランボルギーニ、ランディーニ トラクターの異なるモデルです。農村イタリア、まだこの日にキャンペーンを飼いならさ歳のライオンと言うことがあります。それらを伴う刺激的な名前から始まります。すべて、バッファローのランディーニ、黄色のホイールは、草や穀物、1941 年にトラクターの有名な家から起動を連想させる色彩組み合わせ、非常に大きいモデルと緑のカラーリングの例の意図した状態。 続きを読む

  • 2018/02/21

    私たちの検疫のジャガイモのパイのレシピ.

    それは伝統とハイランダー料理で食欲をそそる料理のスキルはいくつかのこれらの成分を作成地球とそれらの区域の困難な条件を使用して調達します。 農村の市場が存在するが、これらの古代の知識にした構築を試みました、彼らはジャガイモ人過去に供給代ビアンカーのようなユニークな原料を悪用する手掛りを取ったヴァル太郎 Ceno バレーの人々 だけでなくリグーリア州のそれら。5 月と 6 月に植え、9 月に収穫したじゃがいもです。地面のままにする必要があります. 続きを読む

  • 2018/02/19

    麻夫人・ フランカで語った

    「麻、ガール フレンドは、ある人生我々 は気付いて男を願って」キャンプ生活に関連知識の莫大な富と頻繁に夫人・ フランカ ロッシ ・ ディ ・ フェリーノ、そのシンプルさ臨時の女性。はい、麻、彼女を持っているため非常に小さかったので知られている、それは本当に汎用性、持続可能なと実質的に不滅です。
    温かくもてなし、小さな木が並ぶ棺家に私たちを歓迎する、自由で、彼女がそれを置くと暖かいし、料理、家庭をやって点灯中央ストーブを伝えます。すべての素晴らしい庭周りの木がある. 続きを読む

  • 2018/02/13

    本格的な鶏 Valdarnese ホワイトを予約!

    祖母、私達が子供だったとき、我々 は物語を語っていた。話を伺いましたが、田舎で育ち、イヌの動物の頻繁周辺の畑で歩き回る自由、それからなったメインコース日曜日。たとえば、1 つそれらの鶏の味には十分に幸運だった 無料の範囲 ローストや煮込み、ゆで肉の楽しい味を覚えています。今日、努力と情熱の多くは、ある人は一度、白 Vadarnese の領土で広まっている、絶滅の特定品種の危険から保護し、守るために選択によってはまだ住んでいる 1960 年代まで。 続きを読む

  • 02018/08/02

    ポレンタ Formenton から 8 行.10 e lode!

    コーンミールは暖かい冬のテーブルに使用するリソースはまだ夏の太陽の色があります。以下の水と塩とを組み合わせた式の最も単純なここでは、後約 1 時間沸騰し、蒸しポレンタに変身。しかし、あなたが知っているより多くのレシピは低品質のする必要はこれらの食材。ここで特別なポレンタの香りと、昔ながらの味を覚えておくことはトウモロコシに注意を払うことが重要。1 つのと呼ばれる Formenton の 8 行は古代. 続きを読む

  • 2018/01/24

    エンツォ Melegari や古い果物発見

    古代の果実は、エンツォ マオン、農夫および牧場主はパルマのスチュワードの協会のメンバー、パルマの Istituto Agrario Bocchialini 教授の秘密を持ってないです。そして最後に自身の顧客、ゲストと生物多様性の見物人の非公式チャットの農村市場に利用できる 1 月 20 日、土曜日の朝に人教授が果物、一度私たちの地域で普及しているいくつかの品種に光を当てると今回復苦心して、機能と使用法を説明します。高齢者は 1 回であった場合も今日では、これらの果物は、現在することができます使用を再発見し、. 続きを読む

  • 2018/12/01

    チーズ monolatte を記事します。

    痛々しいほど絶滅の危機から回復した、したがって特に重要ないくつかの牛のミルクから手作業でアペニン山脈、農村からポー渓谷の Monolatte 灰色牛チーズ白色の馬の Bardigiano ので貴重な生物多様性の代表者によって選ばれた、彼らのすべての本物のシンプルさは、雑誌「偉大な食品」、味の観点からも、一意な休日テーブルの 12 月号のページで推奨している 8 つの製品のいずれか。"リンゴットフィエラ Lesignano パーク ・ デ ・ パルマの「バーニ、来た人生にエミリア ・ ロマーニャ州 (ビアンカー ヴァル Padana、. の古代牛の回復プロジェクト 続きを読む

  • 2017/12/31

    良いアドレスのご案内

    パルマを公爵都市とも呼びます。それと、ピアチェンツァ、グアスタッラを含め、オーストリアのマリー ・ ルイーズに対し、公国の一部であった。別ガイド、パルマ公国をさらに現代的なレストラン ガイドにプロジェクトが生まれたその有名な公国からレッジョ ・ エミリアがあります。農村中央と共に、農村市場のフルーツしのレストランに「ガイド」と約 2018 公国 Ebert 玉名での実装をサポート、ガゼッタ ・ ディ ・ パルマが推進、180 アドレス貪欲 (オステリア、旅に同行トラットリア、レストランと. 続きを読む

  • 2017/12/23

    お祭り香り、スープの香り

    お祭り香り、スープの香り。40 代は今日煙おばあちゃんはしばらくして、魔法のように、日曜日の早朝に火災で置く若干の家庭用の空気道の解放をパフに水の大きな鍋の確かにまだ生々しい記憶があります。鼻の日のランチを示唆する話を聞いた: 確かに煮沸し、私は疑問に思う: anolini またはパルメジャン?現代ではおなじみ、「ホット」流体培養基の準備、特にホリデー シーズンでそれを放棄することが不可能する儀式がますます珍しい。 続きを読む

  • 2017/12/13

    生物多様性のマスタード、おいしい!

    家族がクリスマスの記念日を祝うために集まるときの年の最も不思議な時間を来ています。エミリア、特にパルマ、見逃すことはできない私たちのテーブルで、お祭りの農村市場にマスタードが厳密に古い果物 (スイカ ホワイト、ノーブル、マルメロ梨) と: 選択 biodiversa、本物カラー テーブルを豊かにします。再発見されるべき味。高貴な梨などはパルマの典型的な様々 な非常に人気のあるオーストリアの公爵夫人マリア ルイジアの時間と消費が主に貴族、意図していた. 続きを読む

  • 02017/01/12

    あなたの現在の農村を予約!

    農村市場 biodiversa と本物の選択の棚の中から: ホワイト ウォーター メロン、梨のコンポート希、マルメロのゼリー、チーズ、救いの「納屋」に固有カペレッティは、生の鶏肉肉、ロマーニャ、生物多様性チンタ セネーゼ mais Formenton 8 行、乳牛からヨーグルト飼育黒豚ソーセージや農村の Po の谷、古代穀物パン、ぶどうジャム、ろ過や梅なし Zucchella、ロバのミルク、トマト ソース ピチの古代穀物リッチョ ディ パルマスペルト小麦、カゾーラ、サークル、testaroli Fortana ・ デル ・太郎、サンジョヴェーゼ ワイン. 続きを読む

  • 2017/11/25

    ジャガイモ 40 放送について

    今日、土曜日、11 月 25 日、話があった農村市場のプログラム内で「緑のラインは町に行く」。パルマの発見に専用のエピソードで料理とイタリア語食品バレー、パルメザン チーズ、ワイン評論家アンドレア ・ ゲイツと共に指揮マルチェッロ Masi の資本のための創造都市ユネスコ訪問料理教室など私たちでさえ停止の町。ストアの概要が公開されている生物多様性の製品のいくつかを示しています、フェデリコ ・ Rolleri、ジャガイモ農家 40 白の守護者はこの非常に良い製品の物語: << 細粒、クリーミーな白から塊茎は、驚くほどの歴史的意義:. 続きを読む

  • 2017/11/13

    過去のシーズンの良いこと!

    私達はテーブルの味、香り、暖かい色に秋を祝いたいです。我々 は 11 月の菜園野菜を会社は香りのフルーツのミネストローネの私たちを準備し、健康的で豊かな味のため、多くの栄養特性から渡された中央の多くを与える私たちに従うことによってそれを行うと: 野菜スープにスープから新鮮な過去の Zolfini から豆をカボチャの Violina の。良いと安心を持ってテーブルにこれらの秋の日、しばしば悲観的な湯気とおいしいこれらの提案の一つだろうか。

    続きを読む

  • 2017/10/26

    リンゴットフィエラ、小さなトスカーナ

    リンゴットフィエラ Lesignano ドの保護領域に ' バーニが熟して大きなオリーブの木の「家長」の接木で得られた最初のオリーブ オイル オリーブ太古植物から収集された枝から挿し木は、Monchio ・ ディ ・ Mulazzano の丘の上に位置する、パルメザン チーズと野菜の多様性。我々 は正確にわからないとき 13 世紀のためといわれているが、この壮大な標本からまで。1258 は確かに勅令リンゴットフィエラを含む、山脈・ パルメンセの別の地域でオリーブの木の植栽が必要です。おそらく当時リンゴットフィエラのようだったにちがい小さなトスカーナ。その後、気候のため変更します。 続きを読む

  • 2017/10/13

    農村の秋ケーキ

    毎シーズンはその果実です。とき自然利用できるように、数ヶ月の間に味わう秋のものは、最大の表現の可能性は、その味を把握を意味します。でもなおさら我々 古い果物、私たちの祖母の家のレシピで一度存在の話なら今回復トスカーナ エミリア アペニン山脈の古代品種の農民の看守の情熱および決定の疲労のおかげで。これらの古代の果物を通じて過去の本格的な風味とシンプルで本物のものの味を再発見。一例として、高貴な梨、様々 な省の典型的です. 続きを読む

  • 02017/03/10

    グランドのガラで数日を行方不明!

    初めて農村ガラ Tortél Dóls、土曜日 7 と Colorno、パルマ日曜日 10 月 8 日に出席します。ガラの両方の日にブリーダーとパルマの農民は彼らの製品を提供します。アンティーク フルーツ マスタード、チーズ牛 Bardigiano 馬とアペニン灰色のさまざまな品種がパン広場ガリバルディ、甘いウニ トマト パッサータ パルマや新鮮な肉黒豚ハムなどを検索できます、屋台の中奇跡より少ないグルテンと原産の種類の穀物で作られた. 続きを読む

  • 2017/09/21

    農業生物多様性コース開始!

    農村は新しいプロジェクトを開始しようとして、カサ: 農村学校!これはユニークな機会をキャンプにもフィールドで直接生物多様性を発見してマークを保護する、古いを大切に、自然との調和に住んでいる農民と牧場主の世話人の生活、知識を習得するには植物品種と古代の品種。農村の学校から成っている一連のテーマ別コースを毎週土曜日の 9 月 23 日から 11 月 25 日、9 16、バー – エンジェル ローズ (パルマ 6 を介して、Traversetolo) ハムの本社で開催されます。マスターの証明. 続きを読む

  • 2017/09/21

    ストーリーや製品の信じられないほどの旅

    農村の祭、ガイオーレ ・ イン ・ キャンティ-まず第一にそこは情熱は、心によってだけ決まる向の選択肢をドライブです。ハードワークと決意の素晴らしいストーリーを発見する驚きがあります。ここに来る市場と公共の賞賛。ここで彼らは土地や品種絶滅危惧動物を再発見し、避けられない端から端まで保存の製品です。農村の祭はトスカーナ (2 日のイベントのこの過去の週末) に移行、別の成功です。リンゴットフィエラ Lesignano の症状専用農業生物多様性 «バコ» 実績のある式のおかげで人前でブーム: 促進. 続きを読む

  • 2017/09/14

    農村の祭トスカーナの準備はできましたか

    土曜日 16 と 9 月日曜日 17 日ガイオーレ ・ イン ・ キャンティのインの歴史的な中心部には、農村の祭トスカーナを返されます。トレード ショーの第 2 版専用農家と牧場主の職人の製品、農業の生物多様性の看守: 招待状を発見し、古代動物品種、植物品種トスコ emiliane の製品の味します。大きい興奮および農家と牧場主山脈トスコ エミリアーノ保護者愛好家が集まる広場リカーゾリのかつての商品が市場を促進するため、メイン通りの到着を予想古代の伝統の回復に大きく依存して健康的で持続可能な経済と. 続きを読む

  • 2017/12/09

    農村市場で発見の味

    秋が来ています。それ季節と生活の渡すことによって示される時間は、土地に縛ら返すほとんどの人々 に未知の味を是非まだ。何がずっと最も有名で歴史的な都市、ボルゴ ・ デリカテッセン デリカテッセン Grisenti ジャコモ トンマジーニ 2017 年 3 月 7 日の 1 つで、パルマの中心地の農村市場、小さな市場に隣接する研究所がある場所 一度生の味がある、情熱的な故意の結果がブリーダーと古代の保存に捧げられる、トスカーナ エミリア アペニン山脈の農家の仕事. 続きを読む

  • 02017/04/09

    農村の祭の 2 つの素晴らしい日々

    2017 版として、以前は 3 つ、彼は宣言の約束を保持: 農業生物多様性と職人、牧場や農家に与える空間に関連する製品の広い範囲を提示、その活動に沿って散在しています。古代野菜品種と私たちの領土で以前一般的な最古の品種の動物を守るため、トスカーナ エミリア アペニン。旧式なトラクターの話すに輪郭荘セットまだ轟音、1920 年代から斜体のフィールドを偽造しているユニークな作品。作品、激しい場合は、毎日、これらの男性と女性が行う、. 続きを読む

  • 02017/01/09

    ある日、田舎の祭りは来ている!

    2017 回農村・ フェスティバルの開会日を逃しています。イベントの前夜には、入場料が無料、へようこそ老いも若きもすべてセットになって覚えている: トスカーナ エミリア アペニン山脈や、おいしいグルメ グッズの 40 以上の職人は、ベンチが置かれています。アンティークのトラクターが並んでいるし、うなり声、木とネイティブの低木、ブドウ畑、古いものと珍しい品種の保護地域は、解放運動に保留中のセット跳ねオリーブ畑、ローカル トマトと大麻の植物の詳細行は詳細これまでと順序でより豊かなと. 続きを読む

  • 2017/08/31

    生物多様性と農村の祭: 対峙

    田舎の生活に有用な動物のライブ賭けになる祭りに寄り道、標本の古いレースはほとんど忘れられた、独特のカラーリングで美徳の見よに美しい。厳しい cornigliesi 羊、公国、静かでエレガントな黒豚の七面鳥を見逃すことはありませんジョブにとって非常に重要なリソースをされた牛 (Bardigiano の馬、Ottonese、ビアンカー運びアペニン灰色ちょうど少数を示すため)フィールドでは絶妙なチーズとロバ (会社モンテ Baducco ガード 13 品種) の生産のため。それぞれの子どもたちの目に驚きがあるでしょう! 続きを読む

  • 2017/08/30

    どのように美しい生物多様性つる植物が、!

    地方祭も植物と我々 の領土内に一度に存在の木の保護です。したがって、保護地域、緑、専用のスペースは、段階的実施を記録しました。ここでは、フィールドと寛大な影とベリーや果物を積んだ茂みを提供する青々 とした葉の仕事により中断された農村部の過去の記憶でなくも未来より、自然の尊重、よく願いがのコピー: シデ、ハンノキ黒、マナの灰、シデ、メープル、カーリーメイプル、灰。再び: ブラック ポプラ、黒桑と白柳。彼らの横には、マルメロ、シーバックソーン (既に広がり. 続きを読む

  • 2017/08/29

    是非、参照してください (、聞く!) 実際トラクター!

    あなたのエンジンを温めて!それを言いたいです。農村の祭は、若者のための素晴らしい機会なり古い、人、自分の目で見る、耳で聞くし、「農業生態系」と呼べるもの自分手にタップすることができます。 しかし、このイベントは古代の植物や動物の展覧会だけで解決できません。実際積極的に道を与えるフィールドの生活の中で自分自身に没頭する機会には偉大な感じ、子供とできるように子供を返すために大きい。何ですか?単に言いました: 祭りがエンジン. 続きを読む

  • 2017/08/27

    祭ではほんの数日!

    すべては、リンゴットフィエラ農村の祭、エミリア ・ ロマーニャ州、トスカーナ州の農家と牧場主のスチュワードの農業生物多様性に専用のイベントの第 4 版の到着のための混乱。一歩一歩、農民をホストするベンチを組み立てているし、農家関連農村とその土地と農民の世代の古代の知恵に関連するすべてのこれらの貴重な製品です。40 の出展者と、それらの間では、新興の声、明らかに決定し、古代古代土着品種と農村の精神で動物の品種を保護することを約束いくつかの重要: 兄弟 Notari。 続きを読む

  • 2017/08/25

    エンジンの熱は、農村の祭をバックアップ!

    土曜日 2、Berchem リンゴットフィエラ農村の祭と日曜日 9 月 3 日に見逃してはいけない予定。2017 版以前の 3 つの無料入場、若者のための素晴らしい機会は、古い自分の目を見ることになります、人が耳で聞くし、(購入) で、自分の手を活用することができるもの「農業生物多様性」を定義する: 多形現実まだ放置や無視、しばしばあまりにも抽象的なアイデアを維持する可能性があります。農村の祭りは一緒に隣同士にもたらすイベント、. 続きを読む

  • 2017/08/21

    リッチョ ディ パルマの成功の第 2 版!

    古代・ ディ ・ Traversetolo パルマ ウニ トマトを祝うために盛大なパーティ全国 13 日日曜日。外部空間における ' 天使のパルマ ウニ トスカーナとエミリアの露出と古いトマトの異なった質の農家と牧場主のスチュワードの略、生物多様性に専用スペースがある我々 のバラ。さらに、19 に 9 からシャトルは Panocchia、podere ウェリス、150 年前が農学者カルロ ・ Rognoni を経験し、最初に導入された輪作のトマトへの訪問者をもたらしています。ウェリス、省文化遺産と国土の保全の歴史的な場所. 続きを読む

  • 2017/11/08

    アンティーク トマトの迷路の中で迷子になります。

    パルマの Bannone ・ ディ ・ Traversetolo、特別なコレクションは、カラフルで香りの家の近くの麓の田園地帯の農場があります。アンティーク トマトのいくつかの 80 種類の迷路の彼のフィールドのホストでフルーツの中間です。本当に皆のための何かがあります。しかし、我々 は詳細に行く: 協会を通じて目指す小規模農家が一堂に口蓋に往年より本物の真「レッドゴールド」パルマ ・ ポー渓谷の味を返すために土地これら先住民族トマト栽培を復元する際の看守。この品種は確かに. 続きを読む

  • 2017/10/08

    カーリーのトマト祭りがやってくる!

    古いトマト リッチョ ディ パルマ今年の祭りは、8 月 13 日 (日曜日) Traversetolo (パルマ) に戻ります。丸みを帯びた形状は、両端と溝、緋赤と非常に薄い皮、肉厚の果肉と甘い味がちょうど平坦化と繊細なユニークなからトマト。これは、最後の世紀に存在し、ほぼ 20 世紀の 50 年代 60 年代に放棄された古い品種: エミリア ・ ロマーニャ州、トスカーナ州の農家と牧場主のスチュワードが回復し、保護することを約束する製品の一つ。生物多様性の展示販売、ホスト、9 から、日、エミリアとトスカーナのいくつかの長所として. 続きを読む

  • 2017/10/08

    夏の収穫は紫!

    梅のアンドレア ・ Artoni コレクション zucchella を見つけるに行きました!期間は、7 月と 8 月の間です。この果物は、新鮮な食べまたはジャムにできます。多くの家族は伝統的に自家製ジャム、ジューシーな時間は、古典的なタルトの具材として最適です。植物は、主にブドウのサポートとして使われたブドウ畑の衰退とその栽培は減らしたので絶滅の危機にだった。Zucchella の最初の歴史的証拠 1700 年にすでに存在していた。高齢の農家は、Zucchella がグラッパの生産にも使用されたことを言います。しかしされている. 続きを読む

  • 02017/08/08

    どのように甘い白ブドウ、濾過なし!

    ろ過なしの白ブドウは第 18 そして 19 世紀赤の他の品種と一緒にで既にパルマ周辺地域に古代のブドウです。小さくて甘い果実されており、大きな果実とは異なり、種子、赤を含むろ過なしではないです。その甘さに適して食用葡萄として、またジャムの生産のため。アンジェロ Casalini、アメリカのキーパーのおかげで、このつるが私たちに到達する管理している農家。彼の会社のあずまやで、ほぼ百年の標本については確かに存在していた。今日では、おかげでまた機関で入力したと、"国立登録の. 続きを読む

  • 02017/06/08

    パルマの古いハリネズミの 150 年

    教授カルロ ・ Rognoni (1828-1904) 農業技術、パルメザン チーズと実験を行い, 輪作のトマト栽培に導入された最初のだった。 1867 年に栽培を開始した情熱的な農家 パルマ ウニ「ウェリス」Panocchia のその不動産の完全フィールド。 植民地時代の建物はまだある"ラ Conservera"と呼ばれる彼の方向の下で最初の保存状態の良いタブレット持続を生産しました。 彼は悟った、直感とその開発 トマト栽培は、作成し、缶詰のトマトの処理サポートだけ不可能でしょう。 説得する仕事の誇りと決意を持って、. 続きを読む

  • 02017/01/08

    再びようこそ!

    これは、繊維、織物、レンガ、紙、種子と油と健康的な食事を生成するのに役立ちます素晴らしい植物が重金属を吸収するので、土地を取り戻すには特に。あなたは離れて何かをスローしない不思議の国の真の植物大麻サティバ、過去の時代の基本的な文化について話している: 性、生態学的な永遠は 8000 年以上の太古の植物。 ポー渓谷にはローマ時代にすでに織物繊維のために栽培された、綿・合成繊維および枯渇より安い理由は、1950 年代まで放棄されました。 続きを読む

  • 2017/07/28

    「ヒキガエル' または 'マスカテル' ですか。

    我々 は、少なくとも四百年のポー川流域で栽培、約 2 つの非常に古代のメロン品種を話しています。パルマのそれらを描写する 17 世紀のフレスコ画をしました。同じ期間は官庁 (「静物フルーツ石造りのタブレットを」1603 年の) を認識するように思えるカラヴァッジョの絵画。どのように見えるか。メロン全面は丸い形で緑と極で, やや平面的な色は、"solcatura"のわずかなヒントがあります。名前は、非常に強烈な香りと、マスカットを思い出して肉の味に由来するようです。醜いが、良い、非常に香りの良い、あまりにも. 続きを読む

  • 2017/07/20

    古代品種を歩く

    生物多様性の保護された領域は、自然の中で作られた泥の火山、フリル、ガリ、生垣、オークと見渡す緑の多い森林を見ることができますナチュラル フレームの静寂の中を歩くことができる場所です。このエリアは、それとのすべて山脈トスコ-エミリアーノ、ユネスコ生物圏保護区 (MAB 人間と生物圏) と植物品種と古代の動物の品種の絶滅リスクのために家を最近受けた。木および低木、シデ、ハンノキ、ブラックソーン、一般的なイボタ、まだ、マルメロ、クロウメモドキ、ハナミズキ、ニワトコ、オリーブの木立のような保護された領域が含まれます、. 続きを読む

  • 2017/12/07

    生物多様性を支援します。

    生物多様性は互いと彼らが住んでいるし、関連生態系から遺伝的に異なっているすべての生命体のセット.生物多様性の重要性は、生物圏の動的平衡を維持する上での役割であります。物質の循環を支配して、気候の安定化にも貢献しています。 土地の保全に焦点を当てる、我々 の遺産育つ、まだ毎年消える古代農業の品種と品種の数百。恐竜の絶滅以来 6500 万年地球は新しい大量絶滅、6 番目の歴史を経験しています。生物多様性の損失. 続きを読む

  • 02017/06/07

    古いトマトのハリネズミが帰ってきた!

    古代のパルマは、ウニ トマト品種栽培 5 小規模農家農業生物多様性の看守ヴァル ・ パルマ理想的な土壌と気候を所有している人の領域に特にパルマの赤色土で。平坦な極でとの溝と同様、丸みを帯びた形状この古代品種はスカーレットの赤い皮膚と非常に薄く、その肉は肉および甘く、繊細な味。最後の世紀に栽培し、1950 年代-60 年代は、ほぼ放棄 今日、ハリネズミ それはこれらからこのような情熱を持って回収された看守を高める農民が味を見つけることができます. 続きを読む

  • 2017/06/29

    6 月: 牧の時間

    毎年 6 月に特別な魅力を昨日と今日保存時間をかけて古代儀式と変更があります。高のこの時期に群れは牧草地、最もアクセスの数ヶ月後、修復、寒い気候に適した。群れ、羊飼いを伴って達する山岳地帯夏の間におよびその逆に平野、秋の間に、移牧、群れの季節の移行のです。単語牧に由来動詞移動 (クロス) と、アクションの移動季節群れ新しい牧草地を求めると. 続きを読む

  • 2017/06/15

    木、花、蜂にする!

    「この 6 月の蜂はフル稼働で働いている、"ロバート ・ キャンベル、植物種の多様性-の専門家は言うしこうしても養蜂家、タンポポとアカシア蜂蜜、プルとして必要があります監督 '園' に注意しながら、スーパークラス。これは、女王蜂 '古い' とその信頼の労働者ミツバチのほとんどを放棄するハイブ、過密に別のコロニーを確立するために."この場合は通常任意の日の巣の近くに滞在し、新しいプレイハウスの準備は女王蜂を取得しようとします。ハイブは、スーパークラスに上部にホスティング:. 続きを読む

  • 2017/05/31

    山の小屋

    すべてイタリア干し草の牧草地の時間。草原で扱ったリンゴットフィエラのそれらのようなこれらの日の最初のカット、いわゆる山小屋の操作を収穫をましょうします。それは干し草にちなんでまたは 5 月で牧草の刈り取りが行われます。最初の収穫は、飼料の年間生産量の四分の一について持って来られるので最も収益性の高い、だった。実際に最も豊富なが少ない連続エネルギー複合パー最もマメ科草、いくつかの植物です。降雨量の少ない今年は、非常に乾燥飼料. 続きを読む

  • 2017/05/30

    灰色のアペニンとして貴重な

    牛は別名アペニン グレー Garfagnina、グレー、Langhiranese、モデナ、Montanara です。野蛮な侵略の間にロシアの草原とポジーリャによって導入された後アペニン アーチに定住し、灰色のマントから古代品種です。品種の伝統的な領域はルッカの省と全体 Garfagnana を含まれ、山脈・ パルメンセ、レッジャーノと傑作で普及していた。22500 1950 以上の指導者の今日あるだけ保存の努力にもかかわらず、下落を続けて 100 以上。高い牧草地に夏の間に登山移動放牧飼育された. 続きを読む

  • 2017/05/16

    ほとんどの七面鳥へようこそ!

    彼らはパルマとピアチェンツァの小さい七面鳥の生れを続ける可能性があります。この品種は非常に素朴で牧草地に立派な態度を持つです。保護され、晴れた日の暖かいの最初の期間の後の七面鳥はペンで、覆われて、彼らが自由に移動できる場所に運ばれます。その後、適当な大きさに達したら、栽培されて専用の大空間リンゴットフィエラ Lesignano ・ デ ・それらに ' バーニのライフ サイクルに従うことによって成年期に達する。

    &NBSP;

    続きを読む

  • 2017/05/16

    リンゴットフィエラ生物多様性のつる植物のコレクションで

    リンゴットフィエラで最近我々 は新しいブドウの植え付け '生物多様性' を植えている、いわゆる「ルート」。数十年前までパルマの州とその周辺で栽培されていた最新のぶどう品種の検索につながった長くて複雑な仕事です。領土中研究の詳細: Carpaneto Tizzano でサン低音、モンテキアルゴーロ、Neviano Traversetolo に Borgotaro から。研究は、彼らはクラスターが収まるように秋に検査を進めたので、所有していた最後の農家を面接によって行われていた. 続きを読む

  • 2017/05/15

    バイオダイナミック農業は何ですか。

    バイオダイナミック農業。土地を離れて住んでいることを確認するため、作業の方法を意味する 2 つの単語。耕作地の調和、季節や天候の引継ぎに感謝する人生の哲学です。バイオダイナミック農法で農業は、地球と人間と自然との調和です。肥、栽培と育種尊重し土壌肥沃度および活力を促進し、同時に植物や動物の種の典型的なプロパティ方法で実装されます。自然とそのリードの完全遵守と深いつながりを持つ. 続きを読む

  • 2017/04/22

    地球の日 2017

    4 月 22 日 (土) は 47 年前に地球を祝うために、その保全を促進するためにアメリカ合衆国で生まれた地球の日、世界中祝われます。これを行うにする必要があります元のバランスを取得するこれは我々 が持っている唯一の惑星なので、その後、我々 はそれを守るためにすべてを行う必要があります。人類の生存に欠かせないの様々 な植物や動物の種する地球と私たちする必要がありますそれらを保持彼らは消えていないので、私たちのすべての生活が生物多様性に依存するため。この日「惚れる」地球が戻る期間彼女と目を覚ますする繁栄. 続きを読む

  • 2017/04/21

    野生の花チコリ

    チコリ (キコリウムの変種) はポリモーフィックな種、自然自発的に広がっているし、多数栽培品種 (r) に上昇しました。今日の過去もには、料理や薬用が使用されますそれ。台所で使用することで、サラダ、新鮮なまたは調理された葉の最も一般的です。過度の苦味を避けるために開花前に葉をピックアップする必要があります。過去にはロースト ルートは優秀なコーヒーの代用品になった、「コーヒーの伴侶」と呼ばれていた。その花は美しい紫です。もう一度キッチンで採用されているハーブの 1 つはおそらくです。以前"cicoriaro"の文字があったが. 続きを読む

  • 2017/12/04

    リンゴットフィエラ、小さなトスカーナ

    リンゴットフィエラ Lesignano ドの保護領域に ' バーニこれらの日は、接木で得られた小さなオリーブの木を植えられた、太古の植物から収集された枝から挿し木は Monchio ・ ディ ・ Mulazzano、大きなオリーブの木「家長」と野菜の生物多様性の丘の上に位置します。わかっていないとき日付を正確に、しかし 13 世紀に属していると思われます。1258 はパルマ山脈の別の地域でオリーブの木の植栽を必要とする勅令では確かに、彼らはまた、リンゴットフィエラを言及しています。おそらく当時リンゴットフィエラのようだったにちがい小さなトスカーナ。その後、気候変動のため、オリーブの木は、なくなっている. 続きを読む

  • 02017/05/04

    4 月: 緑飼料の時間

    古の種族の牛絶滅リンゴットフィエラ Lesignano ド安定 ' バーニ、パルマ、彼らを餌にし始めた 4 月のこれらの初期の頃の草の牧草地します。それは実際にビタミン、ミネラル、ベータ カロチン、彼らが作り出す黄色チーズ担当の牛の乳を豊かにエッセンシャル オイルの豊かな緑飼葉の期間を開始です。ミルクの香りと味があると主に、牛の飼料。
    新鮮な草は非常に多様な植物、動物を提供、豊かに、. 続きを読む

  • 02017/03/04

    トマト苗リッチョ

    リッチョ ディ パルマのトマトの実生植物を育てます。この古代の地方品種を忘れて、今見える丸みを帯びた、極で平坦化され、ちょうど非常に薄い皮です。肉はジューシーで、甘くて繊細な味です。ハリネズミは手摘みで、一つずつ、そのプロパティに、熟しただし、1 つはすべてではない苦い独特の味とパスを取得します。 パルマ、缶詰産業の発祥地と考えられて、まだレコードを保持し、トマト栽培は土壌と理想的な気候によって特徴付けられるヴァル ・ パルマの地域で特に普及して、. 続きを読む

  • 02017/03/04

    その良いロバのミルク!

    ロバのミルクは、食品高消化率と見なされます。子に表示されている以外にも栄養は年長者や病後に最適な食べ物何が緊急サポート エネルギー吸収。それは助け、選手の食事でも呼ばれますと、偉大なスムージーに必要に応じて新鮮な果物と完全に一致することができます。

    続きを読む

  • 2017/03/30

    野生のアスパラガス

    アスパラガスは、古来より最も人気のある製品の自発的な土地の一つです。多くの人が知っているし、アスパラガス、その系統は共通 (アスパラガスから派生した、市場で容易に利用できるを使用アスパラガス).優秀なしかし積極的に求めたその味のファンが私たちの領土の東で豊富に育つ多くの強い野生アスパラガス

    続きを読む

  • 2017/03/20

    3 月: 移植の時間

    移植、彼は植物とそれが彼であるかのように成長する別の移植の枝の部分をピックアップの練習です。実際に移植を実際に良いの手先の器用さ、適切なツールを持つ必要があります正常に発生する操作のための種の遺伝的親和性を知っている必要があります。昔は、私たちの古い品種を渡す私たちを教えている方法です。たとえば、高貴な梨は少なくとも 1400 からパルマで培われた、グラフトの練習以来思い付いた. 続きを読む

  • 2017/10/03

    野生の asprelle

    牧草地、休耕、または非常に古いアルファルファ、食用の野生のハーブを育てます。トスカーナ エミリア アペニン山脈で春に収穫される Asprelle の例、できれば調理を消費します。人気の伝統はこの伝統が娘に母から渡されたことを指示: この野菜は実際には非食用の多くからこの種を区別する方法を知っていた女性を採取しました。「名 Asprella-Camporeale、植物農業生物多様性-の専門家を指定しますジャンル「クレピス」のみを示すようです。実際にこの言葉には、チコリとタンポポのような互いに非常に類似したいくつかの種が含まれています. 続きを読む

  • 2017/02/21

    2 月: 切り取る時

    これらの日を増加するのには利用可能な昼間の時間帯中、はリンゴットフィエラ ・ デ ・ Lesignano の保護された領域で発生する多くの農業活動 ' バーニ、パルマ。"一方でネジが休止状態、ない葉、剪定をウェイク アップするそれらを準備します。Camporeale、野菜の農業生物多様性の専門家を並列指示-"marze"、古代ブドウと 3 月の重要なを少なくとも 1 つの宝石古代果物の品種の枝を収集します。寒すぎず、慎重に選択する、天気は. 続きを読む

  • 2017/12/01

    最初の 'ユニーク' チーズを味します。

    今月初めて非常に満足して私たちは牛の牛乳祭 valtaro コンポ、絶滅危惧品種から作られる「ユニークな」チーズを味わった。結果は、深い黄色の色、繊細な味から比類のないチーズです。発生も 3 つの他の牛品種アペニン灰色牛や Langhiranese に農村を守ること、絶滅の危険にさらさ: (グレー)、Ottonese piacentina (金髪) とビアンカー傑作 (白)。

    &NBSP;

    続きを読む

  • 2016/12/30

    子牛が生まれている!

    最初の白人の生れのための農業生物多様性の領域に大きな喜びは子牛 Valpadana、絶滅危惧品種アペニン灰色牛コレクション、Bardigiano 馬、Ottonese に、農村を守ることです。これらのレースの貴重な牛乳からすぐにそれは来年 3 月からパルマの新しい農村で購入できる特別なチーズを取得します。年の終わりによって、保護するその他の子牛を待っています。

    続きを読む

  • 2016/11/21

    木の日

    11 月 21 日 (月曜日) 国立公園は、'軸のパーティー、簡単なジェスチャーは、しかし、種子や苗木の植栽のような非常に象徴的に参加するトスカーナ エミリア アペニン山脈のユネスコ生物圏保護区の全ての学校を招待を迎えます。再発の目標は、森林が果たす基本的な役割をリコールし、排出量と水文地質リスク削減への取り組みを促進するための木の重要性を強調するためです。ツリーのレビューの抱擁に参加する国立公園を提供しています ' 生物多様性の富にスポット ライトを当てる、レガムビエンテが推進します。取り組みが多く、それらの中で、. 続きを読む

  • 2016/11/19

    2016 年、豆類の国際年

    終わりに近づいては、2016 年にマメ科植物の国際年 FAO (国連食糧農業機関) によって選ばれた、プロパティについての知識を向上を目的としての利点を参照してくださいおそらくを増産してタンパク質とミネラルで使用可能な代替エネルギー源を貿易低コスト、手頃な価格と実質的にすべての種類の気候の栽培に適しています。涼しい季節の豆類の中に我々 の伝統の多くの料理の主役になります。かつて貧しい食品と考え、今日は栄養価が再評価されますグルメです.。 続きを読む